祖母のこと

祖母が、天寿を全うして空へと旅立ちました。

 

祖母は16日の敬老の日に100歳の表彰を受け、

それを待っていたかのように18日に息をひきとりました。

その前日までちゃんとごはんを食べ、

父が名前を呼ぶと返事をしていたそうです。

最期にまみえることは叶いませんでしたが、

ひ孫玄孫を交えた家族全員で、仮通夜、通夜、葬式と

心残りなくお別れをしてきました。

100歳の賞状と記念の銀杯です。

ばあちゃん、すごいね!(^^)

 

昨夜のこと。

かれこれ35年前^^;つれあいがワタシと結婚する時に

祖母に言われた言葉を教えてくれました。

 

「木が並んで育つ時、お互いに向けて枝を伸ばすと

ぶつかり合って折れてしまう、こすれて火が出ることもある。

どちらかが譲らなければならないが、

片方だけが譲っていると一本だけ大きくなってもう一本は影になってしまう。」

「二本で譲り合って枝葉をのびのびと伸ばして大きくなるんやよ」

 

うむ。なるほど!

祖母がそんな話をしていたとは知らなかった。

そして、今頃それを聞かせてもらっても~~(≧∇≦)

二本の木が譲り合って大きくなれたかどうかは別として(;^_^A

祖母の話を我が家の子供たちに伝えていこうと思ったのでした。

おばあちゃん、たくさんたくさんありがとう!!

 

Share on Facebook

20. 9月 2013 by momonekodou
Categories: 2013, 日々のつれづれ | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *

*